家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  オオキツネノカミソリ(続編) 7:25 

29タイトル

<オオキツネノカミソリ>

オオキツネノカミソリ科名 ヒガンバナ科
学名 Lycoris sanguinea Maxim.var.kiushiana Makino
花期 7~8月
分布 国内:本州(関東以西)、四国、九州
    国外:多良岳、雲仙山系、長崎半島、国見山
 山地の林床に生える多年草。花茎の丈は30~50㎝で夏にオレンジ色の花をつけます。
 葉は花が出る前に枯れてしまいます。

暑いと言ってもどうなるものでもない。
犬ヶ岳の登山口駐車場に着いてみれば(9:45) 登山者の車 十数台あります。
すでに 人の姿ありません。
既に 山へ向かったことでしょう。

69

先ほどのページから更に 上へ林道をあがれば立木で薄暗いところを 周囲が明るく
成るぐらいの 群生地に近付いてきました。

112

74

いやいや 期待以上の大群落です。
日差しで輝いている花株も目につきます。

73

渓流の水音も 相変わらず涼しげです。

119


127

3群生

2

今回は自生地は登山の折に 知ってはいましたが
これほどまでの大群落には正直 驚きでした。我が家から 約80分ぐらい。
今まで この群生を知らずして かなり 遠方に出かけていたのだが
割りと近場にも探せば素晴らしい 花園はあるものだ。

それにしても今日は グッドタイミングのようでした。

この関連記事 こちら 
 <山帽子のとまり木>にて 掲載中です。



http://blog.goo.ne.jp/yamabousi_001/ <山帽子のとまり木>


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/59-d0fd3848


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。