家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ユウスゲ咲く 阿蘇俵山 

タイトル

7月19日
もうそろそろ 梅雨明けしていい頃と登山計画とお天気とにらめっこ。
考えていても好条件の日はこの時期めったにない!
もう運を天にまかせて 当然のごとく ユウスゲ情報で 阿蘇外輪山の
俵岳(1095m)に向ってみた。 
雨雲

俵山峠の登山道駐車場に着き、登山準備を始めるころには
どんよりと黒色の雨雲が低い雲になって 今にも降ってきそうです。
登山口にはこんな天気にもかかわらず次々と登山に向う登山者数組あります

8阿蘇山

すこし 歩くと 指差しにある大阿蘇が 一望出来る展望所に出た
天気さえよかったら 素晴らしい大パノラマが展開されるところでしたが 今日はご覧の
ように 山頂は深いガスの中です。

ユウスゲ

開花情報のあった <ユウスゲ>
当然のように ユウスゲと言うからには夕方咲きます。
そもそも このユウスゲを見る時間帯ではありません。が・・・・・
1~2本でも 昨日の残り花が ないか?と探してみるが 人間の都合によって
自然界のお花が咲いてくれるわけありません。
これも極自然な姿なのです。 群生地には沢山のユウスゲ が 時間待ちしています、
資料などに寄れば PM 5:00ごろから 咲きはじめるとか。

ユウスゲ

近ずいてみると 今の時間は 咲かないぞとばかりに 風に揺れていた。

19

雨模様なので とりあえず 山頂に向って草原の登山道を歩く。
風もあって適当に涼しく快適です。

ノチウツギ

登山道&山腹には 凄い群落の <ノリウツギ> がある。
周辺が 明るく感じられる。
豪華に着飾っていてひと際賑やかな感じです。

看板

一息入れたところの 小さな看板標識。

25


登山道 中腹から 阿蘇山方面

ハナウド

豪華な ハナウド 我々の背丈よりも大きい。
これまた 豪華です

34山頂


薬1・5時間も要しただろうか、山頂に到着。
本来ならば 大パノラマが展開されるであろうこの山頂は 今日は 強風と下方から
次々に駆け上がってくる ガスによって まったく眺望なし。
ここでのランチも出来そうにない。
条件よければ 冠ヶ岳のピストンも考えたりしていましたが 条件悪すぎです。
早々の下山することとなった。

草原登山道

この頃kら 雨脚もかなち強く追っかけてくる。
ぬかるんだ 下山道は滑りやすく 神経を使う。ところどころの草原の稜線は
気持ちがよい。この雨の中にもかかわらず 次々と登山者が登ってくる。

阿蘇谷


雲の切れ間からは 遠く 阿蘇谷の のどかな風景がみられる。

37

高岳

これは 帰路途中からの 阿蘇 高岳です。

今回は ユウスゲ情報に阿蘇までのドライブでした。
前述したように 開花時間帯には なかなか ここで 開花を待ってもいられないが
次回に残しておこう。
お天気は よくありませんでしたが やはり 雄大な大阿蘇の風景は 所々で
みられ どこまでも続く 草原は 相変わらず素晴らしいものでした。

尚 阿蘇周辺の 山野草は <山帽子のとまり木> でご覧いただければ幸いです。




























スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/47-d2cd0cbd


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。