家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  主峰 久住山の冬姿 

(主峰・久住山~中岳~稲星山~白口岳~又 三股山~平治岳 そして
大船山などなど ) この久住連山の幾つかの 名山を集めて くじゅうと呼ばれている。
その中でも やはり ど~んと 構えているのが 今回アタックした 盟主 久住山(1178m)
である。
66見出し


今回は 牧の戸登山口から入山しようと当初の計画は 大幅に迂回を 強いられた。それは
この時期 長者原 登山口駐車場にて 氷の祭典が 開催されていて 通行できない 大きく
筋湯温泉経由で 牧ノ戸まで やっとの思いで辿りつく 想像通りもう駐車場は 満杯
駐車場は凍てついて 動き取れないため急遽 滑り止め 装着するなど 手間どり 結局
かなり離れた場所に車を移動 随分のロスタイム 11時過ぎからの登山開始となった。
4登山口から


牧ノ戸登山口から 見上げる霧氷の花 
う~ん これは 期待できそう。同行者 早くも 興奮状態。

8


いつもは無雪期は 味気ない コンクリートの登り階段 やはり雪はあれば 楽しいし またそれ以上に歩きやすい。
両サイドの木々にもかなり雪がついていてきれい。

10 泉水山


木々の間から 見え隠れする方角は 対座する 泉水山 陽光に照らされキラキラと
まこと美しい。

13 三股山


まもなく 吾妻屋のある展望台 ここまでは 観光客もなんとか 上ってこれる。
三股山と 紅葉の美しい 沓掛山斜面。

14


霧氷の華咲く 樹林帯

15冬景色


湧蓋山方面

17 走る肝と霧氷


青い空と・雲と・ 霧氷 コントラストが 美しい。

25


沓掛山の北斜面

20 阿蘇方面


沓掛山 からの 阿蘇連山

31温度計


沓掛山登山道の温度計 11時45分現在 -4・5℃ 早朝はおそらくー6~7℃ぐらいは
想像できる。

34 アセビの葉



アセビの葉っぱもこのように 凍てついているが 以外と綺麗です。

35星生山


沓掛山から これから行く 登山道方面を臨む。天気も徐々に回復してくるようだ。

37三股~星生山



目前には しっかり積雪した 雄大な三股山がデ~ンと。いやー実に貫禄ある美しい姿
寒さも忘れて しばし 歩みとめて 見いる。

43 紅葉谷


秋にはとても紅葉が美しい 紅葉谷の姿も今は 静かに 氷の衣裳で身をまとっているようだ。

49 分岐付近


扇ヶ鼻分岐点近く この付近は更に積雪があるようだ。
それにしても 陽に照らされて なんと美しいことか!。

52


もうどちらを向いても このような光景ばかり  写真撮まくりだ!。

53


広々とした西千里ヶ浜一帯 なだらかな稜線 夏山では広大な草原がどこまでも
広がっているが今は荒涼とした 厳しく凍てついている。

58 久住


さあ ここまでくれば目指すは 主峰 久住山が姿を現した。天気はめまぐるしく変化する。
青空なのだが 雲は間断なく流れて 一瞬のうちに 雄姿は見えかくれする。
氷と雪の世界がどこまでも 広がっている。
この美しさが又 登山者を魅了してやまない。今日も多くの 多数の登山者とスライド
する。韓国語も飛び交う。
久住別れを通過し、もう一登りで山頂だ! だがここからが 短いようで 長い上り坂待っている、足元はトレースはあるが 雪質 柔らかく 踏ん張りがあまり利かず結構 苦労するところで。

76 硫黄山


ようやく 山頂だ!!。登山者多数 歓声と記念写真で 山頂標識撮影しようにもままならない。山頂はいつも強風あるためか 思ったほど積雪はなく 岩が露出しているのが不思議な光景です。したがって ランチする場所は困らない。遅いランチタイムでしたが この山頂からの眺めはいつ見ても素晴らしい。ビュティフル!だなあ。
山頂からの眼下には硫黄山がいつもと変わりなく 白煙をたなびかせている。

77 久住連山


久住の山々の冬景色  360度の大パノラマ 厳しい冬山ではあるが お天気に恵まれれば
このようは 優しい表情を見せて 登山者を迎えてくれる。が 一方 無謀な立ち入り者には
一歩間違えれば 過去 遭難と言う厳しい 現実もあった。
こころして 登りたいものです。
久し振りの厳しいが楽しい山仲間と久住の山 堪能することできてとても嬉しい。
































スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おお、厳冬の久住山に言ってこられたのですね。
こちらは雪を見たくても全然降ってくれない唯一の温暖地に住んでいるので羨ましい限りです。

PC,体調不良でしばらくご無沙汰でしたが、少しずつ快方に向かっています。

写真がワイドになってこちらのブログに変更なのかな?
山帽子さんのことだから、きっと、よく研究されたのですね。
私ももうじき現在のブログ満タン状態なので変えなければいけないんですよ。

今度は、ボチボチ作り上げていくタイプにしようかな?と検討中です。

三連休、リフレシュできてよかったですね。

2008/02/11(月) |URL|ベニマシコ [edit]

冬山 久住山

ベニマシコさん こんにちは。
九州は 皆さん暖かいところとのイメージがありますがこのように 標高の高いところは やはり厳しい雪と氷の世界があります。
以前はもっともっと 深い雪の世界が展開されていましたが 知ってのように最近は 雪が少なく 九州でも冬山登山が危ぶまれています、
九重連山は 今の時季 厳しい冬山の表情みせてくれて これがまた 魅力ですよ。

>、ボチボチ作り上げていくタイプにしようかな?と検討中です~
少し 実践的なものにとおもったものですから
わたしも変えてみました、
どれも一長一短ですが・・・
これからも宜しくお願いします。

2008/02/11(月) |URL|山帽子 [edit]

何度もトップに戻り見返してしまいました。
厳寒の時期、すさまじいほどの山の自然の厳しさと美しさです。
当然危険も伴うでしょう、十分お気を付けください。

暖房の利いた暖かい部屋で、いいものを拝見できました。
ありがとうございました。

2008/02/11(月) |URL|wagtail [edit]

やはり、久住山に行って来られたようですね!

素晴らしい霧氷と景色を堪能された様子、写真から伝わってきましたよ~

刻々と変化する雲がまた良い感じを醸し出してましたね。
(^ ^;)ゞ イヤー  こんな景色見ると溜まりませんねぇ~

2008/02/11(月) |URL|カラッチ [edit]

山帽子さんへ!


山帽子さん、おはよう。
>ここが九州かと思えないような風景が眼前にありました、

山に縁がない私には本当に「ここが九州?」って感じだね。
案内いただいて見に来たよ。写真をありがとう。
銀世界って良く言ったもんだね。迫力満点!




2008/02/12(火) |URL|ファジー・パパ [edit]

wagtail さんへ

最近は例にもれず 温暖化でしょうか 積雪も思ったほど 少なくなっています。以前は 登山口まで行くのにも 難儀するようなことこと多く体験していました。 が しかし やはり冬山は いつの時代でも厳しいです油断していたら ヤバイのは確かですよね。 いつも有り難う御座います。

2008/02/12(火) |URL|山帽子 [edit]

カラッチさん

カラッチさんも お馴染みの久住山でした。
夏山はあれほど 緑多い景色も冬山となれば 本当に厳しい山に一変しますよね どこまでも続く 荒涼とした世界 これがまた 反面魅力でもありますが。
うまく お天気 持ってくれました最高の登山日和でした。この時期は余り 贅沢いえませんよね。もう今日あたり大荒れの模様でですよ。

2008/02/12(火) |URL|山帽子 [edit]

ファジー・パパさん

九州も広いですよね。 やはりくじゅうは春夏秋冬 いろんな 顔もっていますね。
今の時季 くじゅうの冷え込みは相当なものですが、でも素晴らしい冬の顔もありますね。[/色]

2008/02/12(火) |URL|山帽子 [edit]

こんにちは。
やはり九重山群の盟主、久住山は堂々として素晴らしい雪景色ですね。
そうですか!!氷の祭典に引っかかりましたか、そうなるのではと予想していました。
ごめんなさい。
でも、これだけ雪山を楽しんだら最高ですね・・・・
≪山のウグイス≫

2008/02/12(火) |URL|山のウグイス [edit]

くじゅう山

山のウグイス さん
やはり この時期にはどうしても 一度はくじゅうに行ってみたくなりますね。
以前に比べると 積雪は大変少ない傾向にありますがここに行くと冬山気分が味わえますよね。本当に愛すべきくじゅう連山です。

2008/02/12(火) |URL|山帽子 [edit]

拝見しました~!
いやいやいや~~~すごい風景ですね。
簡単には行けない場所です。
充実した時間でしたね。

2008/02/12(火) |URL|いく@しずおか [edit]

いくちゃん
よく 遠くの方から 九州にもこんなところ マジであるの?よく聞かれますよ。
特に 九重連山・阿蘇連山・霧島山群とかはやはりこの時期は冬山の姿に変わります。
ただ アルプスのようには 険しくないですが とは言え 厳しい冬山には変わりありませんから
それなりの構えは必要です。
過去 悲しい 出来事もありますから。
私たちのときは 優しい表情みせてくれました。

2008/02/13(水) |URL|山帽子 [edit]

久住山

色付きの文字山帽子さん、お久しぶりぶり~♪
心機一転で新たにスタートですね!

いつ見ても素敵な写真をアップされてますね~久住山すてきですねぇ~静寂な風景を堪能されながら登られた様子が目に浮かびますねe-319

2008/02/16(土) |URL|千春 [edit]

千春さん
こちらこそ いつもご無沙汰で~す。有り難うございます。
九州には冬山らしい山は数少ないのですが くじゅう連山は 冬山体験できる良いところです。そのため もう 休日ともなればすぐ近くの スキー場とともに 大変に賑やかなところです。
山は 結構厳しいところもあって面白いですね

2008/02/16(土) |URL|山帽子 [edit]

久住山~

本格的な雪山登山ですね!夢のまた夢です~
こうして九州の名峰を見れるなんて、山帽子さんのお陰です(^o^)v

2008/02/21(木) |URL|あずさ [edit]

あずささん こんばんは。
本当は北・中央・南アルプスの雪山したいけど そこそこ 九州も冬山体験できるような山すくないけど くじゅうまで行ければ充分 楽しめます。
これから 春に向うと 山も早いスピードで草木の息吹が感じられますよね

2008/02/21(木) |URL|山帽子 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/4-66b7da59


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。