家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ラクダ山と障子ヶ岳 

3

3/8(日)
平尾台の野焼きが行われる日である。
いつもの山仲間を誘って 野焼きの時間前に この<ラクダ山>へ ミニ登山することに
なっていた、ここで ハプニング発生 自分の性格丸出しで 信じて疑わなかった 山の名前を
<どんぐり山>とみんなに紹介していた。人間の思い違いは想像以、大変な醜態でした。
勝手に思い違いしたようで 案内標識には しっかりと <ラクダ山>と記されているではないか。
が・・・どうしても 合点がいかないが 平尾台のどこかで必ずやあるはずと言い訳を
しどろもどろ ・・・それでも 何故 思い違いしたのだろうか????
のっけからの ずっこけで 大笑いしながらのスタートです。
やさしい?山友人からは 山の形が  どんぐり??に似ているから どんぐり山でも
いいかもと、鋭い つっこみを 受けながら・・・

なお 本日の平尾台 野焼きのレポは こちら にてどうぞ

5

往生際の悪い 言い訳を御託ならべて いざ 正式名の<ラクダ山>へ!

ここは野焼きが行われる 反対側の山 つまり 貫山側は野焼きのため 全面入山禁止
警備員の人が 全て 入山できるところは 封鎖していた。 

7

気持ちのいい登山道 ここからは 遠くに近くに平尾台一帯が 遮るものなく
展望できる。周防灘も眼前に開けている。冬枯れの登山道を気持ちよく 歩く 仲間達。

8

目ざす <ラクダ山>の雄姿 実にたおやかですが 手ごわそう???
と言うほどではないです。ちょとしたハイキング程度のいい山です。

10
<ラクダ山> 標高 485m

山頂風景 眺望 抜群です。気分爽快になりました。

これから 障子ケ岳編です。

31

平尾台の野焼き見学を終えて 
今日の山編を同行山仲間の面々 どうも 山に登り足りない??様子です。

それではと 近くの勝山町に移動 障子ケ岳へと 登ろうとなった。
賛同する間もなく 既に車は障子ケ岳への登山口へと 強引に向っていたのである。
ここらあたりが気心のしれた 山仲間のいいところです(笑い)

22

私も数年ぶりにこの山に来た。
この<障子ケ岳> は 素晴らしい展望のいい山です。
その昔 山城があったところで 山頂には 本丸跡、二の丸跡・馬場跡 北の丸跡などがあり
この地方を治めていたのである。
栄枯衰勢の荒波によって城は取り壊されて今は草原状の台地が 今に残る城跡の山なのです。
秀吉の九州出兵の折には 宿舎とされていたとも言われている。

37

山頂には 誰が持ち込んだのか 水仙の花が咲いていた。
水仙の花越しに遠くには福北の雄 福智山の山頂が小さく確認できた。

33

少し風があって小寒いが 素晴らしい展望に思い思いに山頂風景を楽しむ同行者達。

30加工

 <障子ヶ岳山頂> 標高427m

そして 口達者な 熟年パーティーの面々にもかかわらず気持ちよくいつも 一緒してくれる
K君&Yちゃんの若きご夫妻
 明るく可愛い お嫁ちゃんの Yちゃん、 そしていつも 優しいまなざしのK君
いつみても さわやかな いいご夫婦の二人です。
ハイ ポーズも一緒で ばっちり決まりましたよ。
















スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

「ラクダ山」とは珍しい名前ですね。どの様な
いわれからきているのですか?
外国の山のようですね(名前は・・)

近々福智山へ足慣らしに登ります。忙しさに
ついつい運動不足で身体が重たい毎日です。

山帽子さんはいつも活動的で感心します。

2009/03/10(火) |URL|メタボねこ [edit]

メタボねこさん
この記事のレポよんで おかしくなったでしょうね。人間の記憶なんてまったくいい加減なものでした。
<ラクダ山>の由来のほどはよくわかりませんが これまた いい加減ですが おそらく あの山の形から ラクダさんに似ているからではないでしょうか?自信ありませんが・・・

2009/03/10(火) |URL|山帽子 [edit]

山帽子さま、

らくだ山・障子ヶ岳登山の際はありがとうございました。
当日は、初めて野焼きも見れて、感動しました!
山帽子さまをはじめ皆さんのおかげで、いつも笑いながら楽しく登山させていただき、
本当に感謝しています。いつもありがとうございます♪
またご一緒できる事を楽しみにしております!

2009/04/01(水) |URL|Yちゃん [edit]

Yちゃん お元気でしたか?
櫻も満開、すっかり春らしくなりました。
こちらこそその節はお世話になりました。
いつも 楽しくお付き合い有り難うございます。
これからは いよいよ山歩きもベストな時期になります。
またどこか企画してご一緒しましょう。

2009/04/01(水) |URL|山帽子 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/39-764732c4


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。