家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  再訪 樹氷の英彦山南岳 

20

1月24日(土)には今冬 一番の冷え込みかと思えるような 平地でも午後からは
みるみる間に 降雪、市街地は次第に どこも雪化粧。
都市高速&高速道も 軒並み通行止めでした。
翌25日(日) 
山仲間と久住界隈を冬山登山の 計画していたが 敢え無く 断念。
それではと いつもの英彦山に向った。

登山口には 雪に耐えて 雪椿(ヤブツバキ)の赤い花は印象的です。
我が街はの周囲の山並みにはかなりの積雪であったので あるいは 雪深い英彦山は
相当なものだろうと、構えていたが 意外なほど 積雪していないようです。

25

意外?なほど積雪も少ないとおもわれたが 少し高度を上げて行くと
ご覧のように 充分は積雪が待っていた。
なにもかも雪は包んでくれて とても歩きやすい。

20

だんだんと周囲を見渡すとこのように びっしりと 樹氷の連続 いつも以上に
今日の 樹氷は成長しているようです。

23加工

同行隊員も次々に展開される 樹氷の数々に感嘆しきり !

28

パッと花咲くような見事な樹氷の大木。

30

そろそろ 英彦山中岳近くの到着。
ここは風の通り道のようです。一本の立ち枯れの大木に 見事な< エビのシッポ>が
う~ん これはすごい。 ここはそれにしても寒いところです。

31


↑の画像横に写っている、灯篭?の窓の接近画像。
どこまでも凍てついていて 素手で触ればくっついてしまいそうです。
寒風と冷え込み程度が少しお分かりでしょうか。

33

そしてお馴染みの山頂の樹氷の華咲く 大木
これが バックが青空だったら・・・

37

この寒波の影響だろうか いつもより意外と少ない登山者で今日は 山頂小屋も
比較的 混雑していないようでした。

39南岳へ

お昼のランチしている間は体も急速に冷えてくる、
山頂気温は マイナス4度をさしているが温度以上の寒さを感じた。
早々のお昼を済ませ、今度は 南岳経由で 奉幣殿へ下山することになった。
これは 南岳への急登。結構雪が深い。

40

南岳から 中岳を振り返るが ガスって 中岳方面は見えない。

45

47

この南岳ルートはむしろ 中岳以上に樹氷が成長していて驚く。

49

極寒の美とでも言おうか、樹氷の厚さに圧倒されて感動! すごいなあ。

53


どうでしょうか 迫力満点の樹氷。もうどこ見ても こんな様子です。

54


ここまで樹氷が成長するには相当時間を要するに違いない。
並みの条件ではちょっと考えられない厳しい気象条件かも知れない。

ただただ 圧倒されるだけでした。

55

幾つかの チェーンの難所をクリアして 暫く下山続けると突如としてこんな人工的??
とも思えるような <材木石> が見られる。
説明は下記説明案内板にて どうぞ。

56

この英彦山も太古の昔は 火山であった。
悠久の昔の遺産・顔が今に伝えている。

今回も近場である英彦山の冬山 充分に満足することができた。
厳しい冬の山も 心して登山すれば それ以上の感動、感激が待っていてくれる。
雪がなにもかも 優しく包んでくれる雪山 反面厳しく 立ちはだかる場面も
多々あるが やはりまた 夏山にはない魅力があって 雪山&冬山は  楽しい




















スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

自然の厳しさと美しさ

いやぁ、雲仙普賢岳に続き、最高のものを見せていただきました。
厳寒期における自然の厳しさと滅多に見られないだろう樹氷の美しさ。
トップに戻っては雪椿の艶やかな美にホッとしながら、また樹氷へと何度も見返してしまいました。
わたしにもっと気力と体力があれば、こんな山に登ってみたいものです。

2009/01/29(木) |URL|wagtail [edit]

wagtailさん
先週末は今冬一級クラスの寒波でした。
信州方面では あるいは 普通の出来事かもしれませんが 九州の地ではそりゃもう みんな震え上がっていました。
そんな中でも我ら山仲間は 雪遊び楽しんで
きました。みんな元気には驚きですよ(笑)
まあ これが我らには唯一の楽しみで~す。
いつもおいでいただき有り難うございます。

2009/01/30(金) |URL|山帽子 [edit]

おはようございます
英彦山の樹氷の数々、
見せていただきました、先日私も
チェーン無しで出掛けたのですが・・
雪の多さに、断念して帰って来ました、
雪山を歩く体力も無いくせに、近くまで
行きたいなんて、到底無謀な願いのようでした。(^^)
樹氷の素晴らしさを堪能させてもらいました、
ありがとうございました。

2009/01/30(金) |URL|momosuke [edit]

momosuke さん
英彦山にお出かけの予定でしたか。
大体、今頃の時期はあの’しゃくなげ温泉 付近までは何とか行けるのですが、底から別所駐車場までは やはり チェーンが必要な場合がおおいですね。 事故がなくてよかったですね。
なんと言ってもいつもながら 素晴らしい樹氷が今回も綺麗でした。
さすが 英彦山は登山し甲斐のある山ですね。

2009/01/30(金) |URL|山帽子 [edit]

おぉ~ 高速道が通行止めで厳冬期の久住山から英彦山に変更でしたか~

それにしても毎回・・・素敵な樹氷をゲットして帰られますね~(^^ゞ
中岳近くの枯れ木に付いたエビの尻尾には驚きでした~
山頂の樹氷の華咲く大木も見事でしたね。。

雪景色に椿の赤い花にはハッとさせられますよね!

2009/01/30(金) |URL|シジュウカラ [edit]

白い雪の中の赤い椿!!思わず「わ~」と・・・
英彦山は中学の遠足に行ってから登山したことがありませんので山行したいです。
雪山も素晴らしいですね。気持ちが洗われるようです。

2009/01/30(金) |URL|メタボねこ [edit]

カラッチさん
>高速道が通行止めで~
そうなんですよ。雪国の人たちからは笑われそうですが 雪慣れしていないこちらではもう少しの雪で道路はもう通行止めのドタバタです。
そんな訳で近場の英彦山でした。
が ここは名の知れた雪山ですので充分満足して遊べます。今年もまだ何回か通うかもですね。行くたびに素晴らしい光景が展開されます

2009/01/31(土) |URL|山帽子 [edit]

メタボねこさん こんばんわ!
先日は ご馳走さんでした。
そしてはやばやと 00 有り難う様でした。
雪山はとても楽しいです。
機会ありましたら是非 英彦山行きましょうね。
v-47

2009/01/31(土) |URL|山帽子 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/36-156b5d30


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。