家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ツルの里(鹿児島県 出水市) 

一月も終わりのころ 所要の折 鹿児島の出水ツル観察センターを訪れてみた。
ここはシベリアなどから多くの ツルが飛来して越冬する日本でも有数の越冬地で
毎年一万余のツルが冬を過ごし そして 本当に間近でツルを観察できるとあって
多くの観光客がおとずれている。
出水のツル 027 加工文字入れ丸


一月の終わり現在で マナツル1059羽 カナダツル2羽 クロツル3羽 ナベツル10973羽 総数 12039羽と 発表されていた。すこし過密が心配されている。
羽数調査は ここ近くの中学のツル観察クラブの生徒さんたちが 確認調査してほぼ 正確に
計測されている。

出水のツル 009

朝の食事タイムです。観察センターの職員が 雑穀類を車にてこのように給餌して廻る。
手前の茶色の筋模様が餌です。

出水のツル 031

美しい姿の マナツル 好みもありますが 飛来している中でも かなり大型で 美しい
と人気度が高い。
出水のツル 007

二月の半ば過ぎれば そろそろ ツルたちの北帰行が始まる。
長い旅に備えて 無心に食事に余念ありません。
旅立ちは幾つかの条件が揃わないと 大型のツルは旅たちません。天気が良く
上空に一定の偏西風が流れ 上空高く舞って様子を見た後 慎重に判断して
家族単位、そして集団単位で 帰っていきます。
出水のツル 054

ナベツルの一家 ツルは家族の結束が強く ほとんど終生家族単位で生活します。
出水のツル 052


これは マナツルの 飛び立つ瞬間ですが 余りのスピードでカメラがで追いかけられず
迫力だけでも 感じていただけたら有りがたい。出水のツル 008


このツル観察センターからは 備え付けの望遠鏡があり ツルの様子が手にとるように
観察できます。
まもなく 編隊飛行で ツル立ちが 北帰行します。
朝に・夕に にぎやかな泣き声が春の訪れとともに 去って行き元の静かなのどかな田園
風景になり 田んぼでは稲作が始まり 秋の収穫が終る10月半ばから11月の始めには
再び 越冬の第一陣が飛来したと 報道があります。

毎年変わらぬ 冬の風物詩です。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんにちは

山帽子さん こんにちは。
リンクの変更しておきますね。

それにしてもたくさんのツルには驚き。
ツルは家族の結束が固いと前に番組で
見たことがあります。
なかなか飛び立てないツルを見守り
最後には仲間から遅れたけど無事に飛び立っていきました。
鹿児島は遠いけど、ぜひいつか行ってみたいな。

2008/02/03(日) |URL|いく@しずおか [edit]

頑張ってください!

山帽子さん嫌にブログのup遅いと思ってましたら こんな事してたのですね[絵文字:v-290
何時か上をねらうのだろうと予想はしてましたが
やはり遣りましたね
これから一層楽しみに見せていただきます

頑張ってくださいe-284

2008/02/03(日) |URL|コウリンタンポポ [edit]

色付きの文字
いくちゃん 今回こちらに移行してみました。
宜しくお願いします。
月末に親父の25年忌 法事がありまして 鹿児島に帰ってきましたその時 実家近くの鶴観察センターに立ち寄ってきました。やはりこれだけの飛来数だと壮観そのものですね。
遠い九州ですが機会あれば是非一度お訪ねください。

2008/02/03(日) |URL|山帽子 [edit]

コウリンタンポポさん こんばんは!
いろいろ 勉強と思って 試してみたいと思っていますので どうぞこちらでも宜しくお願いします。
今朝足立山 見上げたら うっすらと雪化粧していましたので 登ってみたいとおもいましたがどうしてもヤボ用の予定があり断念しました。
案外 山のウグイスさん 行かれているのではと思うことでした。

2008/02/03(日) |URL|山帽子 [edit]

開設おめでとう!

山帽子さん、「山からの風だより」開設おめでとうございます。
更新までに少し間がありましたが、先ほど当方への書き込みをいただき、何か動きがあったのかなと思い訪問してみました。

新たなブログで心機一転を図っておられたのですね。
山帽子さんの心に何か思いを寄せるものが生まれてたのでしょうね。
一層の発展をお祈りいたします。

気になっていたマナヅルの生息地の様子が、さらにイメージできました。
1万羽を超える鶴の大パノラマ、生で見たらさらに壮観でしょうね。
2月、北帰行の時期、白鳥も帰る時期ですが、ちょっと寂しい気がいたします。
チャンスがあったら、御宝田遊水池の白鳥にもう一度会いたいのですが…。

2008/02/04(月) |URL|wagtail [edit]

| wagtail いつも有り難うございます。
新年になりましたので 気分を一新したいし 少し期することもあって引越ししました。
wagtailさんのようなHPは当分望めそうにもないですが また こちらまでお遊びおいでください。私の実家ちかくのツルはまもなく北へかえるころです。やはり淋しいですよね。でもこのサイクルがあるから農家の皆さんも 許容しているのが実情なんです。
声は小さいですが 大事な農作物が裏では被害にあっているのも 事実なんですよ。

2008/02/04(月) |URL|山帽子 [edit]

山帽子さん、いつの間にか、新しいブログにお引越し!
新しいことを始めるのは気持ちがシャキッとしますね。
これからも楽しいレポやお話、素敵な写真を楽しみにしています(^-^)

大きくて立派なマナヅルが、あれだけの大群を見ると圧巻ですね!
でも~農家の人はきっと複雑な思いをされているのでしょうね。

リンク直しておきますね^^

2008/02/07(木) |URL|あずさ [edit]

つる

付きの文字あずささん おはようです。
あれだけ 賑やかな泣き声も既に 北へ向う集団となって 日本を離れ 三々五々 帰っていくシーンが展開されます。
あれだけの大型の鳥ですから 偏西風の風を利用しないと 飛び続けることできないようです。
数千キロにも及ぶ距離ですからね。
また今年の秋には元気で新しい家族も連れて返ってきますよ!。
リンクの件宜しく。

2008/02/08(金) |URL|山帽子 [edit]

リンク報告

はじめまして。

私は、カミタクこと神山卓也と申します。拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「出水市ツル観察センター訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN77.HTM
から、貴記事にリンクを張りましたので、その旨を報告いたします。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

2008/06/21(土) |URL|カミタク(リンク先は「出水市ツル観察センター訪問記」) [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/2-befb14ab


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。