家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  花の山(岩石山) 

岩石山 H.20.4.27 026


岩石山(446m)  福岡県・添田町に位置する お馴染みの低山です。
この時期 ミツバツツジのかくれた名所と言うほどに お花が多い山ですが
4月も後半、ミツバツツジは もう少し遅いかな?と思いつつも今年も 訪ねてみた。
岩石山 H.20.4.27 005


添田公園駐車場にて 身支度を済ませて、同行者4名と共に 早速 登山口である民家脇から
入山する。傍を失礼します!~です。

岩石山 H.20.4.27 010


秋には 紅葉の綺麗であろう 小さな ミニ 紅葉谷付近をすぎれば 原生林も広がり
山気分は大変よろしい。 が・・・・ である。

登山道を注意してみれば やはり!!か 目的の ’ミツバツツジ’の花が もう 既に時期を
過ぎたとばかりに 花びらが落ち始めているではないか。
やっぱり 遅かったかと 落ちた花を 見つめる一同。
が ここで 気をとりなおす。 多分 標高の高い 山頂あたりは 何とかまだあるのではと
とにかく それではと また 登山道を 登り始める。
日陰には こんな ギンリョウソウも 顔だしている。

岩石山 H.20.4.27 013


高度を上げると やっと なんとかこのような 今日の お待ちかねのお花さんと
対面がかなうような場所に出てきた。

岩石山 H.20.4.27 024


まあ、こんな感じで~~。 登山はじめごろには 落胆していた気持ちも急に 元気が出てきた。

アオダモ


徐々に 高度を上げれば 2~3箇所の展望のよい岩場にでる。
ところが 樹間から ふわふわの少し きなり色がかった 高い木が目についた。
同行者 一体 なんの花だろうと ・・解らない。
取り敢えず 写真を撮って 後で 調べようとなった。

あおだも01


もっと、接近すればこのような 優しい綺麗な花
 <調べると どうも アオダモ >らしいと判明。
オフホワイトの なんとも 美しい! そして 常緑種の緑の林の所々 大変印象深い
花木であった。


ハイノキ


そして 清楚で 存在感のある此花  じつに 可愛らしい。
およそ 木姿からは 想像もつかないような  花でした。
森でこのような花の 出会いがあるから楽しい。<ハイノキ>

ハイニキ02


もう少し 大きくしてみると ・・・・ 花がとても小さく なんて可憐な花だろう。

岩石山 H.20.4.27 040


そして またまた ひと際目立つ 白い花 、この花から 知っている限りの浅知恵の
花名を 言いあってみるが どうも違うようだと。
帰ってから 調べてみることと相成った。
しかし なんて 綺麗なものだなあ。

岩石山 H.20.4.27 039


いろいろと 調べてもらった結果 <ザイフリボク・ 別名 シデザクラ>と判明
いや~そんなんだと改めて 撮ってきた写真を眺めるのである。

いままで 数回この山に登山しているが このような花に遭遇したのは初めてであった。

岩石山 H.20.4.27 051


このページには多少 ヤボだが この山にも こんな お友達がいるようだ。
山頂で今日登山できて たくさんのお花さんに会えてよかったと同行者 口々に
楽しそうに 話していた ライイチタイムでももりあがっている。
そんな中でも 次々と 後続のパーテイが 上がってくる。人気の山だろう。

サツマイナモリ


コンロンソウ


楽しいランチタイムを終えて、今度は 奥の院コースで 下山することになった。
初めてのコースであったが、登りと同じコースよりいいかなと大きく 迂回するような
コースになっている。 この下山コースにはあまり 見るべきものはないようだ。

 <サツマイナモリ> <コンロンソウ>

ドウダン


そして 道すがらには 自生種の ドウダンの白い花 所々に 色を添えていた。
歩き安い山道として よく 踏み込まれていた。

★ 今日は 余り期待せず 低山めぐりでもと考えていた 岩石山 でしたが
   思わぬ 目新しい花に出逢えて ラッキーな 一日でした。
   これだから 低山の山も やめられない。
   同行者 来年も叉 是非来たいとの弁 勿論でした。
   近場でありながら なかなか楽しめる山です。

  帰りしなに 平尾台に立ち寄り このボタンツルの開花状況を確認してきた。
  これはこれで とても綺麗であった。 

58


62


平尾台の草原も日増しに 少しづつ 少しづつ 緑の草原に衣替えがすすんでいる。
まもなく 緑の草原。平尾台地が輝くときが直ぐそこまできているようだっだ。






















スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

白の透明な輝き

黄色い花が中心だった早春の山から、様々な色合いが見られる山へと移り変わりましたね。
清楚な白い花が印象的です。
シデザクラや白花ドウダンツツジの白さは、透き通るような、澄んだ美しさです。
こんな花々に出逢ったら、誰でも足を止めて見入ってしまいますね。
素敵な風景に巡り会いました。  

2008/04/30(水) |URL|wagtail [edit]

人面岩!!!
懐かしいです。ずいぶん以前に登った記憶があります。
ミツバツツジも綺麗ですね。
≪山のウグイス≫

2008/05/01(木) |URL|山のウグイス [edit]

wagtailさん
これから一層 里も山も輝くときがきましたね。
日に日に 新緑が濃くなっていくようです。
その中で 白い清楚な花は特に存在感がありました。
綺麗なお花さんに足を止める回数も多くなりますね。いい季節です。いつも有り難うございます。

2008/05/02(金) |URL|山帽子 [edit]

≪山のウグイス≫さん
先日から わがままをお許しいただいて有り難うございます。 千灯岳例会 楽しく拝見しました。
私も 数年前2回ほど登山したことありまして、懐かしい思いでした。
シカ避けのネットが張ってあって シカの食害が深刻なこと今でも覚えております。
今後が機会ありましたら また 参加させていただきたいので これからも どうか宜しくお願いいたします。

2008/05/02(金) |URL|山帽子 [edit]

今日は福岡に出かけます。山帽子さんは山に行くのかな?お互いに無事故で楽しい旅にしましょう・

2008/05/03(土) |URL|ファジー・パパ [edit]

パパ さん
5/3は福岡におでかけでしたか。
私たちとは 逆のスライドでしたでしょうか。
下り方面の高速道 大宰府・久留米あたりは大変な渋滞でした。
宮崎方面の山で遊んできました。

2008/05/07(水) |URL|山帽子 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/15-7007cf04


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。