家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  平尾台も春の訪れ~ 

平尾台の春 H20・.4・13 001


里では桜もそろそろ 終焉を向え 高原の春はどうかな?と思い
通い慣れた 草原台地<平尾台>の春の訪れを探しに出かけてみた。
あの 壮大の 野焼きのあとにはわずかではあるが緑の台地がよみがえってきつつあった。



平尾台の春 H20・.4・13 005


さっそく マイコースを歩きはじめる。空気はひんやりと 予報では午後から雨と言うことで
今日はいつになく 早く家を出て この小高い 不動山山頂には 今 丁度 AM 8:00ごろです。
春霞&雲海?で視界がまどろんで なんとも静かな 朝風景でした。

平尾台の春 H20・.4・13 006


の~びりと付近を散策しながら 歩くと すーっと 視界が開け このような お馴染みの
高原風景が展開されてきた。すこし風が出てきたかな。

平尾台の春 H20・.4・13 016


防火帯もくっきりと 幾何学模様の ラインが延々とのびている。
草原には なくてはならない 防火帯。これもこの草原台地のもう一つの’顔’なのです。

平尾台の春 H20・.4・13 028


視界を南側にむければ 英彦山方面 こちら側も 深い雲海につつまれて ほとんど
英彦山の姿 見えない。いや はるかかなたに かすかに 確認できるようです。


平尾台の春 H20・.4・13 027



カメラを少し 引いてみれば 目線 下の方には 山桜が点々と。山に彩りを添えています。

平尾台の春 H20・.4・13 035


振りかって見る 洋原群の いま 歩いてきた 尾根。
私にはこの風景が似合う。洋原群の間を一歩一歩 縫うようにゆっくり歩くのが好きなのだ。

平尾台の春 H20・.4・13 038


小高い山<貝殻山>の窪地には 鮮やかな花がみえる。。何だろうと一気に下ってみる。
いや~桜だ!。この草原にも桜があるんだ!。
そう言えば このあたりは急激に切れ落ちた 窪地のため 野焼きの対象外地になっていて
まだ 自然がいっぱい残っている。

全く 想定外・予想外だったので もう凄く嬉しい 
わあー これから ここをマイポイントにしよう。人の手が入らぬようなここは いくつかの
花がしっそりと 咲いていた。

別ページにて平尾台地の ここの花達も併せて アップすることにしよう。

平尾台の春 H20・.4・13 071


見事な桜花と洋原群の組み合わせ 私の至福の時間がゆっくりと過ぎててゆきました。





スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おはようございます。
野焼きされる山での意外は発見
嬉しかっただろうな~~
自分だけの秘密の花園発見ですか?

夫も花があればこういう場所へ
一緒に行けるんだけど、
あんまり興味ないみたいで^^;;
なんだかつまんないな~
将来、興味持つようになるかな。
山帽子さんは前から興味持っていましたか?

2008/04/14(月) |URL|いく@しずおか [edit]

いくちゃん
おはようございます。さっそく遊びきていただいてありがとう。
通いなれた草原の平尾台ですが四季を通していろんな顔を見せてくれます。

>将来、興味持つようになるかな~
わたしも 若いころは 仕事に追いかけられて自然を楽しむ心の余裕はあまりなかったようです。
ある時期からこれで自分はいいのだろうかと思い 昔から好きだった山へ向うようになりました。

きっといくちゃんのところも趣味を共有できる日が訪れますよ。

2008/04/14(月) |URL|山帽子 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/12-6dfc63f5


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。