家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  花見登山(宮地嶽神社・裏山) 

昨年・一昨年とあまり天気に恵まれなかった 恒例の山仲間との近郊の山の花見登山
今年も果たして??一週間まえの予報では間違いなく いつものように 雨 又しても
ついていないなあと思いきや 前日になって予想もしていなかった 好天気 期待はずれも
いいほうに変わって それっとばかり お酒などもしっかり用意し 現地に向うバスの中
もう こころは 山など忘れて花見気分である。

花見登山(宮地嶽) 009


ここで出逢ったお花&山野草は 兄弟サイト<山帽子のとまり木>にてアップしています。



午前の早い時間とあって 広い参道には花見&参拝者も思ったより少ない
しかし 境内の桜もこぼれんばかりの満開 全くいい時に来たもんだとメンバーの顔も
ゆるんでいる。
企画者(リーダー)が 花見ばかりではなく低山ながらも 宴の前に登山があるんだからと もう説明
に必死 それでは 腹ごなしに 一汗かいてくるかと登山準備にかかる。

花見登山(宮地嶽) 006


境内の鳥居の上にかぶさるように神社裏山の 宮地山が見えてくる。
低山ながら 山姿がいい。

花見登山(宮地嶽) 013


まずは 入山するにあたって メンバーの面々荘厳な造りの 宮地嶽神社に向って 神妙に 
参拝する。この <宮地嶽神社>は この北部九州では 指折りの巨大な 神社で 全国から
参拝者が集まり 季節とわず 訪れるひとが絶えない。
まずは この巨大な 大注連縄をご覧ください。
神社資料によれば 
  長さ・・13・5m   直径・・2・5m  重さ・・5トン
  3年に一度 氏子・崇敬者の協力で架け替えられている。

花見登山(宮地嶽) 012


接近すればこのように いやいや 物凄い巨大で迫力。他を圧倒する大きさ。
この架け替えはよく テレビ報道でその様子は見たことがあるが
近くで見れば その存在感は この神社そのものであるようだ。

花見登山(宮地嶽) 014


神社を廻り込むように 裏山には自然歩道が整備されて 市民のハイキングコースになっている。
さっそく 満開の桜をくぐるように登りはじめると、右手にこのような 見事な ももの花
案内看板によれば <ほうきもも>  なるほど 巨大な ほうきが逆さに立っているように見える。

花見登山(宮地嶽) 019


案内看板では約1・5時間のハイキングコースとなっている。
展望はどうかな?

花見登山(宮地嶽) 018


登山コースにはもう右も左も桜&桜 初めてだが驚くほどの桜木がある。

花見登山(宮地嶽) 026


一歩山へと分け入れば 自然豊かな 登山道 結構は登りです。
路傍には 小さな山スミレが可愛い。


花見登山(宮地嶽) 028


難なく 最初の裏山(宮地山 180・7m) あの神社境内の鳥居の上に ピョコンと顔出していた
山です。山頂は全く展望はない。

花見登山(宮地嶽) 030


さらに看板に従って 台二峰の 在自山 へ向う

花見登山(宮地嶽) 035


まもなくすれば 展望のいいところに飛び出した。ここで一服です。
前方には 春霞の中にも 玄海灘の広い海原が広がって 気持ちよい。

花見登山(宮地嶽) 036


じつにいい景色です。

花見登山(宮地嶽) 039


もう一息で山頂です。
この (在自山 249m)も全く展望なし 深い森の中の山頂でした。

花見登山(宮地嶽) 040


記念写真のあと早々に下山開始 お腹もいい加減に 花見宴会をこころ待ちしている。
下山道には 山桜も清楚で美しい

花見登山(宮地嶽) 068


このように 花見宴の前の里山登山は 軽くハイキングしてきて お腹の調子を整える??
準備運動のような登山でした。
ときにはこんなハイキングも在りでいいかな。
この後の花見会は 時折舞い散る 桜の花を見上げつつも ついついお酒&ご馳走に目がいくばかり。 やはり 花より だんご派のようでした。
メンバー面々もお酒がすすみおおいに 盛り上がったこと言うまでもない。
お天気にも恵まれて 今年は楽しい山仲間との 花見の宴 いつにも増して楽しい一日でした。





















スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

大注連縄すごいですねー。
神社を見守るような宮地山も姿がいいです。
お花見の宴は下山してからされたのかな?
ここも海が見えて素敵な山ですね。

2008/04/08(火) |URL|いく@しずおか [edit]

きょうのNHKお昼の番組で、玄界灘の浜辺でのロケでしたよ。数キロも続く美しい砂浜に目がうっとり~^^

やはり、花より団子ですね!お酒が美味しいっていいな~(飲めない・・・・)
神社のしめ縄も大きいですね~

此方は昨夜から大荒れの天気です~
桜も散ってしまったことでしょう・・・

2008/04/08(火) |URL|あずさ [edit]

いくちゃん
いやいや~花見酒の美味しいこと おっとその前に 自分たちの場合 なぜか 低山でも山をあいだにいれるんだよね。(笑)
でもこうして 気のあう 悪友たちとの楽しい語らい おおいに ストレス解消に 必要?なんです
と言いながら 都合のいいように解釈していますよ~。

2008/04/08(火) |URL|山帽子 [edit]

あずさ さん
そうですか 玄界灘は 美しい松原の続くきれいな海岸線がありましていいところですよ~。
こんな私は一見おお酒のみ見たいに振舞っているようですが 本当はほどほどなのですよ~
そのほどほどがじつは怪しいと言われますが???
こちらも 花吹雪が始まり いさぎよい 桜の散り際が 水溜りに浮かんでまた 花筏の絵模様が綺麗ですよね。

2008/04/08(火) |URL|山帽子 [edit]

乾杯!!!

山帽子さん達の盛り上がった宴会の声が聞こえてきますよ~。
いいですねぇ、こんな仲間がいるということは…。
全く酒を飲まないわたしにも、こうした宴会の魅力、集まる皆さんの気持ちは分かります。
ウーロン茶の入ったコップを高く掲げ、山河隔てた信州より、乾杯!

2008/04/09(水) |URL|wagtail [edit]

山帽子さん こんばんは♪
桜の季節は、展望の良いこんな場所を歩くの最高ですね。
全国、どこでも身の丈にあった癒しの場所があるものですね。
あっ、貼ってくださった「ほうきもも」のお花だ!
貼っていただくとますます身近に感じて親しみを覚えます。

山帽子さんのところも楽しみに訪問させていただいていますが、定年の年令前に定年が来て、第二の職場で奮闘していて、書き込みできずにいて気になっていました。
第二の仕事は、のんびりと思っていたのに、大変な仕事を任されてしまって、遊びどころでなくなりそうです。

2008/04/09(水) |URL|ベニマシコ [edit]

おはようございます。注連縄に記憶がありました。福岡は博多と小倉以外はあまり縁がないんだけど、妹の息子の大学合格祝いで行った所が宮地嶽神社の近くで翌日帰りに寄りました。
大きな鈴もあったっけ・・・ちょうど桜の季節で見物して帰りました。

もちろん登山後の写真は初見ですが^^;

2008/04/10(木) |URL|ファジー・パパ [edit]

wagtail さん
いつもの仲間との遠慮なしの花見会おかげさまでおおいに盛り上がりました。
ときには青空&桜の下での 呑み会もいいものでした。
>全く酒を飲まないわたしにも~
この山仲間のメンバーの仲にも私とは 特に親友の I 氏 はwagtail さんのように 一滴ダメなようで、お気の毒なんですが 彼言わく
これが自分は普通だから 余計な気使いは一切不要と一番先に ウーロン茶で場を盛り上げてくれます。
いい友です

2008/04/10(木) |URL|山帽子 [edit]

ベニマシコさん
私もしばらくご無沙汰しておりました。
お仕事の変化もあるようで 気苦労されているようで お察しします。
あまり 無理されないように。
私の職場にも新しいメンバーなど入れ替わりがありました。当人は慣れないところで大変ですが迎える方も お互い大変です。
私も微力ながら 新人さんのお手伝い役を
引き受けていまして 頑張っています。
お互い元気で乗り切りましょうね

2008/04/10(木) |URL|山帽子 [edit]

パパさん
おはようございます。 感動の<孤愁の岸>の公演も大盛会のうちに幕がおりて 最高でしたね。パパさんのご尽力も大きかったと思います。お疲れさんでした。

宮地嶽神社にも来られたことがあるんですね
満開のさくら いいところでしたね。

2008/04/10(木) |URL|山帽子 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/11-948669f8


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。