家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ガイド犬 平治号 

指山 マンサク 048


私たちが長者原からくじゅうに入山しようとしたら まず 平治号の前を通る。
今までおそらく 多くのくじゅうを愛するであろう 登山者の皆さんが多分この
平治号の活躍を語り継いできたに違いない。
私もどうしても一度はこうして 取り上げてみたかった。
このくじゅうの山並みを見上げている <平治号>は?
指山 マンサク 050


まずこのモニュメントに書かれていることすこし読んでください。
幾度となく くじゅうに足をはこんでいる私も実際には この 平治号を見たことはない。
が 登山者の中ではずーっと 語り継がれてきた。
どんなに 登山者に愛され そして 遭難の危機を救ったことかは これを読めば
 平治号の活躍がしのばれる。 

指山 マンサク 049


そしてこの逞しい足で いつもいつも 登山者とともに 山についていっていた毎日であったろう。

指山 マンサク 051


平治号が見る方向はいつまでも くじゅうの山々です。
どんなにか今でも山に行きたいのだろうかと思う。
私も今は事情あって犬は飼っていないが、類を見ない犬好きである。
今存命していたなら どんなにか 可愛いだろうかと思うのである。

指山 マンサク 052


そして くじゅうの山をバックにして 春夏秋冬 雨の日も 風の日も 吹雪の日も毎日毎日
平治号はこうして くじゅうを愛する おおくの登山者の安全を祈りつつ 今日も
この台座の上から 山を見続けているのです。
いつも有り難う!! 平治号

   
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

私も長者原から入山する時は、決まって平治号の前を通るように決めてますが、
ついつい説明文を読むのが面倒で記憶が消えていました。
平治号は昭和と共に去ったんでしたね。美空ひばりと一緒だったかなァーーー
今年2月に大船に登った時も平治号の後継犬のような??
そっくりな犬が駐車場で挨拶してくれましたよ。ひょっとして見たこと有りませんか??
そして、入山したら一匹のトレースが雨ヶ池まで案内してくれました。
平治号の道案内を想像しながらトレースを辿りました。
≪山のウグイス≫

2008/03/23(日) |URL|山のウグイス [edit]

おはようございます

色付きの文字山帽子さん2夜連続サヨナラ勝ち~、今日のお目覚めも、さぞや心地良かった事でしょうねv-218

平治号、賢い犬だったんですね~登山客を見守
りながら命ギリギリまで頑張ってくれたのですね~感動のお話ですね!
ウチの実家もず~っと秋田犬を飼っていました、父親の趣味で○○号とかって名前で大会などに出てました。のでなんだか親しみ深く読ませていただきましたよ~。
骨太でしっかりした像ですね、天国からくじゅうの山並みと登山客を見下ろしていてくれるのでしょうね。。

2008/03/23(日) |URL|千春 [edit]

山のウグイス さん
私もこの長者原から 入山する時はできるだけ
平治号にの前を通るように心がけています。
犬は けなげに 賢いですよね。
いつの日にか <平治号>の後継犬が現れてほしいですよね

2008/03/23(日) |URL|山帽子 [edit]

千春さん
<平治号> のこと コメント本当にありがとう!
実際には私自身も出逢ったことありませんが、
あえて 語らしてもらえるなら、わが山仲間ではくじゅうを 語るなかではもう 絶対に先輩諸氏から 語り継がれてきております。
やはり 山は ロマンを 語るに最高の所ですよね。 

2008/03/23(日) |URL|山帽子 [edit]

平治号とはこんな賢い犬だったんですねー。
もしこころ歩けたら、どこかで、平治号に
会えないかなーなんて考えながら歩くと思います。
山帽子さんは犬好きだったんですね
秋田犬とか甲斐路犬とか柴犬とか
日本犬、好きですよ~。

2008/03/23(日) |URL|いく@しずおか [edit]

いくちゃん
この平治号碑前には いつも誰かが お花やお菓子など常にお供えものがあり人間様以上に手厚く 祀られています。
 平治号にこころ寄せるおおくの人々にきっと今でも愛され続けているのでしょう。
私は無類の犬好きなんですが、以前我家の一員であった「トム」君が悲しいできごとがあってそれ以来 もう~。

2008/03/23(日) |URL|山帽子 [edit]

お山が大好きなワンちゃんだったのですね。
ものすごく親近感を感じます。
きっと、何時までも登山者を見守ってくれているのでしょうね。
そう思ったら、山を汚す人などいませんよね^^

昔、奥日光の山の温泉に案内犬ラブちゃんがいて、
森の中へ行く時、私達の前を歩いては振り返り、まるで「僕の後について来なさい」と言っているようでした。頼もしい感じでしたよ。

2008/03/24(月) |URL|あずさ [edit]

なんか良い話ですね。
我が家も16年一緒だった犬がいました。
その子が死んでからは犬は飼えないと思っています。
思い出す度に胸が痛くなり、また、良い思い出一杯残して呉れたと感謝です。
こちらの犬も慣れ親しんだ人たちからは、そう思われてる居んでしょうね。

2008/03/24(月) |URL|山百合子 [edit]

あずさ さん
犬って もう主人にたいして 絶対に裏切らないですよね。もう人間が失った純粋そのものなんです。だから私は犬が好きなんですよ。
好きな犬を抱いたときの暖かさ 最高です。
平治号のこと見ていただいて有り難う。

2008/03/24(月) |URL|山帽子 [edit]

山百合子さんこちらまでおいでいただいて
有り難うございます。
山百合子さんが くしくもここに書いていただいた 
<その子が死んでからは犬は飼えないと思っています>
まったくその通りなんです。あの子に変わりえる
子が有り得ないからなんですよ。
今でもあの子とじゃれあってあそんだ日々が夢にまで出てきます。
だから 今は他の犬飼えないのです

2008/03/24(月) |URL|山帽子 [edit]

いつまでも山を見守る平治号、
きっと素晴らしい犬だったのでしょうね、
家にも日本犬らしきものがおりますが、
平治号の爪の垢でも煎じて、、、(笑)
子供が飼っているとどうしてもチャランポランになるのかなーー(爆)

2008/03/25(火) |URL|KICIROW [edit]

KICIROWさん
よ~くおいで下さいまして有り難うございました。
大変嬉しいですよ~。
お互い 趣味の分野は違いますが アウトドアの趣味がおなじフイルドのようですので どうぞこれからも宜しくお願いします。
同じ釣りでも私は
小さい頃は 近くの海岸でにわか こしらえの竹ざおに テグスなかったので 縫糸を結んで なんぼでも アラカブやキスが面白いように釣れた記憶あります。

2008/03/25(火) |URL|山帽子 [edit]

山帽子さんへ!

山帽子さん、おはようございます。
鹿児島市のポスター見ましたよ。有難うございました。私も反応しちゃいました。センスがあって見ていてこれなら鹿児島にお客さんやってくるかな?って期待しちゃいました。
平治号って言うんですか?山登りをしない私は会う機会がないですが凛としていて、素晴らしいですね。鹿児島県の東郷町の藤川天神には、西郷隆盛の愛犬の「ツン」がやはりモニュメントの銅像になってます。行かれた事があるかな?
犬は健気でいいですね~

2008/04/02(水) |URL|ファジー・パパ [edit]

ファジー・パパ さん
篤姫 回を追う如くに 盛り上がっていますよね
遠くにいても 鹿児島人 堅気誇らしく思います。薩摩の歴史を存分に感じさせてくれます。
>東郷町の藤川天神には、西郷隆盛の愛犬の「ツン~~
知りませんでした。機会あれば一度訪れてみたいです。

2008/04/03(木) |URL|山帽子 [edit]

お早うございます

山帽子さん、初めに
昨日は我が拙いブログへ遊びに来て頂いて・・・
背景の写真をとの事でしたのに、仕事から帰りウッカリ貼り忘れました^^;
ごめんなさい。有言不実行・・情けない限りですぅ
2006年8月に登った至仏山・・キツカッタ~。でも心に残る初 百名山だったのでした。
お暇がありましたら「スナップ」にUPさせて頂いたので。。

平治号のけな気さに胸を打たれました、山帽子さんのご愛犬を偲ぶ想いです。
代わりなんていない・・オンリー・ワン

2008/04/06(日) |URL|シャイン [edit]

シャインさん
先ほど おじゃましてきました。私もおもいでの場所のようでした。
嬉しい限りです。わざわざアップいただいて感激でした。こうして 思いでを辿る事楽しいですね
この平治号 たくさんの登山者のふれあいがあるようです。
このくじゅうの山々を 今もあそこから 見上げていますよ。可愛いやつです。
 

2008/04/06(日) |URL|山帽子 [edit]

平治の落語

今年9月九州旅行で平治の事を知り自身初の
自作(本当の自作とは言えないかも)落語に挑戦中です。平治の活躍を現代の人にも是非伝えたいと思っています。

2009/10/06(火) |URL|お好味家喜楽 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://yamabousi01.blog52.fc2.com/tb.php/10-83ff22c3


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。