家族と孫たちとの記録

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  事故の後日談 

モザイク


あのような、悪夢のような遭難事故から 約10日ほど、過ぎました。
その中で、ご両親や さらに現地警察からも 丁重な感謝の言葉いただき、かえって
こちらが、恐縮いたしています。
その間 ネット友の皆さん、そして いつも行動を共にしている山仲間の皆さんから
たくさんのコメント・メッセージいただき、また 身に余る 賞賛の言葉いただき、
本当に有り難うございました。

事故の詳細については 、後日警察からも詳しく説明を受けましたが
遭難者のプライバシーに配慮して、差し控えたいと思いますが、
この事故から 私たちも多くのこと、学んだような気がします。

今 当時を考えると、自分でもある意味では ただ ただ この青年を なんとしても
しかるべき レスキュー隊に それも 一刻も早く、連絡して引き渡さなくてはと、
もうそればかりで 考えられる行動を無意識にしたようです。

時間が刻々と過ぎる中 かの青年も ギリギリまで寒さと、恐怖・ショック状態で
意識が薄れていくのが 素人目で見ても判りました。
今はこうして冷静になって当時を振り返りながら 改めて事の重大さが わかります。

後日、警察の方から 頭部の裂傷は深く 大きく 23針も縫合するような 大変な
負傷で あと 30分以上発見が遅れていたら 大量の失血で生命の危険も考えられる
状態だったとか なにはともあれ よかったなあと安堵いたしております。

当初から かなり固辞しておりましたが、
管轄警察署から、警察活動に協力していただいて感謝の意を表したいから
是非受け取って欲しいと、
このような 感謝状いただくことになりました。

現場に遭遇した者として、ごくごく、当然のことをしたまでですが、なにはともあれ
かの青年が一日も早い回復を祈るとともに 
この 一連の記事に関心を持ってコメントなど寄せて戴いたみなさん こころから
感謝いたしますと共に これからは気持ちも新たにして 山歩き楽しみたいと
思います
スポンサーサイト


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。